事例紹介

フォーム作成のシステム化でタイムリーな募集・告知や業務効率化を実現

ゲームソフトをはじめとして、コミックや携帯サイトなど多種多様なコンテンツを提供しているスクウェア・エニックス様では、タイトルごとにフィードバック用フォームを用意してユーザーからの反応を積極的に収集しているほか、業務の中でもフォームを活用。フォーム作成・会員データベース・メール配信の機能がワンパッケージになったASPサービス「FormFactory」の導入で、大量のフォームの運用をセキュアかつ効率的に行うことが可能になりました。

ダウンロードボタン

現在こちらの資料は準備中です。
資料をご希望の方はこちらよりお問い合わせください。

フォーム作成業務負荷の増大と情報セキュリティ意識の高まり

ユーザーサポート窓口、ゲームのプレイヤーやコミックの読者からの感想の受付、キャンペーンの実施など、Webサイト上にフォームを構築しなければならない場面は日常的かつ頻繁に発生します。

しかし、「FormFactory」を導入する前は、それぞれのコンテンツを担当する各部門から情報システム部に対して個別にフォーム作成依頼が寄せられ、その都度フォームページのデザイン、システム開発、動作テストなどを行わなければならず、情報システム部の業務負荷増大につながっていました。

また、一部の部門のWebサイトでは社外のフォーム作成サービスを個別に契約しているケースもありましたが、2008年の特定電子メール送信適正化法(特電法)改正・施行や、情報セキュリティ意識の一層の高まりなどを受け、フォームの管理を一元化し、安全で効率的な運用を行う需要が全社的に高くなってきました。

そんな中、フォームのシステム化にあたっては他のソリューションも比較検討されたとのことですが、「FormFactory」を選定いただく決め手となったポイントがいくつかありました。

ダウンロードボタン

現在こちらの資料は準備中です。
資料をご希望の方はこちらよりお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください