事例紹介

"情報配信機能を本社に集約
メール配信で営業効率UP!"

日本で一番古い清酒メーカーとして知られる小西酒造様は、ベルギービールの販売において「FormFactory」を営業ツールとして導入。これまでFAXやDMで営業担当者ごとに行ってきた取引先への情報提供をメールに切り替え、本社から一括配信することで、営業活動を大幅に効率化することに成功しました。

事例ダウンロードはこちらから

営業依存だった情報発信をHTMLメールに集約

小西酒造様では、現在約40種類のベルギービールを輸入・販売しており、2010年2月から輸入ビールの営業活動において「FormFactory」を導入しています。

導入以前は新商品等の案内状ができると、各営業担当者から取引先へFAXや郵送、持参により案内していました。この場合、案内状の紛失や取引先担当者の手元まで届いていないこともあるなど、案内状を再送する等の手間が発生していました。

また、取引先により案内状が届くタイミングが遅れるなどの課題がありました。二点の課題を解決するため、確実に取引先の手元に案内を届け、かつ全取引先に同じタイミングで届ける事が可能なメールによる案内配信を行うことを検討しました。

メールの内容は、直接売上につながる重要な商品案内であるため、迷惑メール扱いにならず、取引先の元へ確実に届けることのできる到達率の高いメール配信システムが必要でした。
また、取引先は、卸売業者、小売業者、飲食店等いつかの業態があり、業態毎に販売価格が違います。メールでも価格表記を変える必要があるため、簡単にセグメント配信できるシステムを探していました。

事例ダウンロードはこちらから
WEBからのお問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求フォーム