ニュースリリース

2018年07月18日

MailPublisher「ソフトウェアビジネス新市場 2018年版」にて昨年に引き続きメール配信ツールSaaS市場シェアNo.1を獲得

カテゴリ: MailPublisher

→PDF

チーターデジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:橋本勇人、以下チーターデジタル)は、株式会社富士キメラ総研(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田中一志)が2018年7月3日に発行した市場調査レポート「ソフトウェアビジネス新市場2018年版 ~国内の主要パッケージおよびSaaSを徹底調査~」において、チーターデジタルが開発提供するMailPublisherが、昨年に続きメール配信ツールSaaS市場No.1シェア(占有率35.5%)を獲得したことを本日発表いたしました。

MailPublisherが昨年に引き続きメール配信ツールSaaS市場シェアNo.1を獲得

チーターデジタルは20年にわたり、様々な企業のデジタルマーケティングの課題解決と、業界最高水準の配信性能(1000万通/時)を持つメール配信ツールの提供を行ってきました。そうした信頼性のほか、操作性、API連携の柔軟性などの機能面が評価され、現在は累計5,300社を超える取引実績と月間61億通(2017年3月現在)の配信実績を誇ります。
今後もチーターデジタルでは、ツールの機能強化・サービス拡充を積極的に行い、企業と消費者のエンゲージメントを高めるマーケティング活動の支援に取り組んでまいります。

●MailPublisherについて
詳細は、https://www.marketinggate.jp/service/system/MP/ をご覧ください。

●チーターデジタル株式会社について
1999年12月設立。グローバルでクロスチャネルマーケティング支援を行うチーターデジタルグループとしての強みと、日本国内での累計5,300社以上の取引実績を生かし、マーケティングサービスを軸に事業を展開。マーケティングオートメーションやメールマーケティングソリューション、およびそれらに関連するコンサルティングサービス・導入支援・業務分析などを提供しています。

詳細については、https://www.marketinggate.jp/ をご覧ください。

●チーターデジタルグループについて
チーターデジタルグループは、世界17か国で事業を展開するクロスチャネルマーケティング支援の独立系企業です。ニューヨークに本社を置き、グループ全体で1,600人の従業員を擁しています。
当グループでは、企業が顧客との有意義な関係を構築し、企業価値を高めるために必要な実用的なデータや直感的に扱えるテクノロジー、専門的なサービスを提供。業界に精通した各チームが、ヒルトンやデルタ航空をはじめとした世界規模の企業のマーケティング活動をリードしています。

詳細については、 https://www.cheetahdigital.com(英語)をご覧ください。

<本件に関するお問い合わせ>

チーターデジタル株式会社 マーケティング部
電話番号:03-4586-4852(部門直通) E-mail:pr.japan@cheetahdigital.com(広報窓口)

「Cheetah Digital」とそのロゴは、チーターデジタルとその関連会社の、米国・EU・日本・各国における登録商標、または商標です。その他、記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。無断複写・転載を禁じます。

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください

お電話でもお気軽にお問い合わせください
0120-60-9920
受付時間 9:00~18:00(平日)
メールでの資料請求・お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム