ニュースリリース

2017年09月12日

チーターデジタル「MailPublisherシリーズ」メール配信システム市場10年連続シェアNo.1を獲得

カテゴリ: MailPublisher

→PDF

チーターデジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:橋本勇人、以下チーターデジタル)は、株式会社ミック経済研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:有賀章、以下ミック経済研究所)が2017年8月27日に発刊した市場調査レポート「クラウド型CRM市場の現状と展望2017年度版」において、自社が開発提供するMailPublisherシリーズが2016年度Eメール大量配信システム市場における主要ベンダーシェアNo.1(占有率37.8%)を獲得したことを本日発表いたしました。
同レポートによると2017年度も引き続きシェアNo.1(占有率38.4%)を獲得する見込みです。
これによりミック経済研究所が発刊した市場調査レポートで、MailPublisherが10年連続メール配信システム市場No.1(※)を獲得したことになります。

※ミック経済研究所調査:CRM・BIパッケージソフトの市場展望2008~2010年度、CRM実現のためのITソリューションマーケットの現状と展望2011~2014年度、クラウドサービス(SaaS・ASP)市場の現状と展望2015年度、クラウド型CRM市場の現状と展望2016年度版、クラウド型CRM市場の現状と展望2017年度版(2017年8月27日発刊)見込み含む

Eメール大量配信システム市場における主要ベンダーシェア

MailPublisherは、独自開発の高性能な配信エンジンとエラー解析モジュールを実装し、顧客に「届く」安定したメール配信インフラを提供し続けるメール配信システムです。
近年では、今まで以上に多くの企業のマーケティング活動に貢献できるよう、従来の特長である配信性能への取り組みだけでなく、視覚的かつ多角的な効果検証を実現するマーケテンングレポートの提供をはじめとする機能強化にも注力しています。
また、メール配信システムの提供だけにとどまらず総合的なメールマーケティング支援を目的とし、運用サポートの提供や、市場黎明期より培ったノウハウをご紹介するセミナーを積極的に開催しています。
今後も、チーターデジタルでは、安定したメール配信インフラと高品質なサービスの提供により企業のマーケティング活動に貢献できるようさまざまな取り組みを行ってまいります。

●MailPublisher Smart Editionについて
詳細は、https://www.marketinggate.jp/service/system/MP/ をご覧ください。

●チーターデジタル株式会社について
1999年12月設立。グローバルでクロスチャネルマーケティング支援を行うチーターデジタルグループとしての強みと、日本国内での累計5,300社以上の取引実績を生かし、マーケティングサービスを軸に事業を展開。マーケティングオートメーションやメールマーケティングソリューション、およびそれらに関連するコンサルティングサービス・導入支援・業務分析などを提供しています。

詳細については、https://www.marketinggate.jp/ をご覧ください。

●チーターデジタルグループについて
チーターデジタルグループは、世界17か国で事業を展開するクロスチャネルマーケティング支援の独立系企業です。ニューヨークに本社を置き、グループ全体で1,600人の従業員を擁しています。
当グループでは、企業が顧客との有意義な関係を構築し、企業価値を高めるために必要な実用的なデータや直感的に扱えるテクノロジー、専門的なサービスを提供。業界に精通した各チームが、ヒルトンやデルタ航空をはじめとした世界規模の企業のマーケティング活動をリードしています。

詳細については、 https://www.cheetahdigital.com(英語)をご覧ください。

<本件に関するお問い合わせ>

チーターデジタル株式会社 マーケティング部
電話番号:03-5786-2653(部門直通) E-mail:pr@jp.experian.com(広報窓口)

「Cheetah Digital」とそのロゴは、チーターデジタルとその関連会社の、米国・EU・日本・各国における登録商標、または商標です。その他、記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。無断複写・転載を禁じます。

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください