マーケティングコラム

2016年08月16日

マーケティングオートメーションで、できることできないこと

マーケティングオートメーションで、できることできないこと

マーケティングオートメーションとは企業のマーケティング活動を自動化するためのツール、システムソリューションの総称です。会員へのメール配信など手間のかかる作業を自動化することで、マーケティング担当者が企画立案や施策の効果分析など、より成果を上げるための戦略的プランニング業務にリソースを割けるようにすることを目的に導入が進んでいます。

現時点では、主にECサイトの顧客データベース(DB)上から抽出されたターゲットに定期的にメッセージを配信したり、配信したメッセージの開封やクリックなど受信者の反応の有無に合わせた二次メッセージを自動配信したり、ECサイト会員とのメールコミュニケーション領域から徐々にオートメーション化が試みられているようです。

一言で企業のマーケティング活動と言っても、マーケティング戦略策定から市場調査、プロモーション、製品プランニング、ブランドマネジメントなど、その内容は多岐にわたっています。マーケティングオートメーションが文字通りこれら全ての活動を自動化するものと捉えてしまうと少々語弊があるように思われます。

下記チャートに既存の見込客DBまたは顧客DBに対して販売促進を行う場合のPDCAサイクルを整理してみました。

マーケティング活動と自動化の対象領域:

  1. プロモーションプラン策定
  2. ターゲット分析、定義・選定
  3. ターゲットセグメント、リストの設定(配信システムへのインポート)
  4. オファー企画(製品、クーポン、その他インセンティブなど)
  5. メッセージクリエイティブ企画・制作
  6. 配信設定
  7. メッセージ送信
  8. レスポンスの記録と集計、レポート
  9. 改善策立案

プロモーションプランに基づいて特定のターゲット顧客にオファーメッセージを送信し、その結果を分析してPDCAを回すという一連の作業フローです。これらの作業の中で現在マーケティングオートメーションにより自動化されている作業が赤字部分(3.6.7.8)です。

コミュニケーションの方針となる戦略立案や、ターゲットとオファーの選定、メッセージクリエイティブの制作などPDCAサイクルの大部分はオートメーション化の対象外です。いつ、だれに、なにを、どのようにオファーするのか、といった基本的なマーケティングコミュニケーション方針をマーケターが考案し、マーケティングオートメーションツールにシナリオとして設定しておく必要があります。ただし、一旦シナリオを組み込んでしまえば、同一条件のプロモーションを自動的に繰り返すことができます。

ECサイト既存会員へのプロモーションメール配信のみであっても、マーケティングオートメーション導入前ならば、まず顧客データベースから対象者のメールアドレスを抽出し、無効アドレスのクレンジングを行い、メール配信ツールにインポートしてメールクリエイティブを設定する…。同じ手順の繰り返しがマーケティング担当者にとっては大きな作業負担となっていたはずです。こうした日々のルーティン作業が自動化されるだけでも、かなりの業務効率化が期待できます。

とはいえ、現在オートメーション化の技術、対象領域は日進月歩で進歩・拡張しています。レコメンドエンジンとマーケティングオートメーションツールを連携させることで、対象者と推奨プロダクトの組み合わせをアルゴリズムにより最適化し、パーソナルオファーを自動送信することも可能です。あるいはメールに加えてLINEやスマートフォンのSMS送信も自動化するなど、オートメーションの対象チャネルも徐々に増えつつあります。

マーケティングオートメーション導入時に、あれもこれもと全てを自動化するのではなく、まずは手間のかかるルーティン作業の自動化を優先するのが望ましいでしょう。そして、空いた時間でコミュニケーション効果を検証しながらシナリオやチャネルなど、オートメーション領域を拡大する。このように、小さく始めて徐々に育てていくことがマーケティングオートメーションを用いたマーケティング活動の成功への近道といえるでしょう。

WEBからのお問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求フォーム

開封エンゲージメント

株式会社アマナ様
マルチデバイス時代のメールマーケティングコミュニケーション最適化への取り組み

CCMP

American Eagle Outfitters様
2週間で800万人以上にリーチ!ホリデーシーズンを通じて効果的なクロスチャネルマーケティングを実践。

クリエイティブサービス

ザ・プロアクティブカンパニー株式会社様
CV率2 .2倍。スマートフォンユーザーに伝えたいメッセージをダイレクトに訴求するレスポンシブメール。

開封エンゲージメント

ピーチ・ジョン様
メールが読まれている時間を計測して気づいた スマートフォンへの最適化でコンバージョンUP!

レコメンドconnector

イチオク様
クラウド環境で利用可能なレコメンドconnectorの導入により、短期間でレコメンドメールの開始が可能に。クリック率7倍、CV率5倍、開封率3倍を1ヶ月で実現!