マーケティングコラム

2019年03月27日

十分なマーケティングサポートを受けるために企業側ができること|BtoCマーケター対象アンケート結果

十分なマーケティングサポートを受けるために企業側ができること|BtoCマーケター対象アンケート結果

ガートナーの調査「8 Top Findings in Gartner CMO Spend Survey 2018-19」によると、企業がマーケティングテクノロジーに投資する予算は、年々増えつづけており、2018年度のマーケティング予算では、全体の29%をマーケティングテクノロジーが占めています。これは、人件費、有料メディア、代理店契約費など、他のカテゴリに比べ最も高い割合です。

マーケティングの課題解消と施策の洗練化を期待してそれほどの予算が投入されていますが、マーケターが思い描くデジタルマーケティングは実現されているのでしょうか。残念ながら、企業のテクノロジー導入が進む今でも、数多くのマーケターの悩みを耳にします。

マーケターは常日頃から成果を挙げることを求められています。そのための施策運用と並行して、導入するテクノロジーの習熟と、それを活用するためにデジタルマーケティングの最新情報を収集し続けるのは容易ではありません。なぜなら、多くの企業はリソースが限られており、知見・ノウハウを深めることにそれを割き続けることが困難だからです。それができたとしてもその知見やノウハウが属人化してしまうという状況もよく見受けられます。

私たちは企業におけるマーケティングの現状を理解するために、BtoCマーケターを対象にアンケート(※)を実施しました。その結果から、企業とベンダーの関係性における課題が浮き彫りになりました。

[設問1]マーケティングの成功には、テクノロジーだけではなくベンダーからの専門的サポートが必要だと感じる

「ベンダーからの専門的サポートが必要か」の設問に対し、92%ものマーケターがマーケティングの成功のために、ベンダーからのサポートが必要だと回答しました。その理由として多くの企業が、自社の知見やノウハウ、リソースの不足を挙げています。
そうした課題を解消するのは、テクノロジーとマーケティング領域の見識が深い専門家のサポートです。テクノロジーに関してはベンダー、施策のコンサルティングや役務については別の企業というように、別々に依頼することもできますが、その場合ステークホルダーが増えてコミュニケーションに工数がかかる、施策のサポートでテクノロジーの特徴や機能をフル活用した提案が受けられないなどの危険性をはらんでいます。
そのためテクノロジーとマーケティング領域両方の知見があるベンダーに対して、テクノロジーの提供だけではなく包括的なサポートが求められているのです。

では、実態はどうでしょうか。先の設問にベンダーのサポートが必要だと回答したマーケターを対象に「ベンダーから十分なサポートを受けられているか」を訊ねました。すると、回答が得られたマーケターのおよそ半数もの人が十分なサポートを受けられていないと回答しているのです。マーケターのニーズとその実態が、大きく乖離していることが明らかになりました。サポートが十分ではない理由として「企業を取り巻く環境を理解した、自発的かつ深いサポートが得られない」「決まったサポート期間を過ぎると十分なサポートが受けられない」などのコメントが寄せられています。

このことから、ニーズと実態における乖離の原因は「ベンダーの企業理解が深くない」「サポートが恒久的な措置ではなく、一時的な対応で終わってしまう」ことにあると推測できます。

したがって、ベンダーはそれらの課題を解決し、マーケターの求めるサポートに質を高めていく必要があります。また、企業にとっては、ベンダーの比較、最適なサポート依頼の方法や事前準備、実現したいデジタルマーケティングのビジョンの明確化など、ベンダーとの付き合い方を総合的に見直すことが十分なサポートに寄与するといえるのではないでしょうか。

次回は、マーケターが求めるサポートについて具体的に紐解いていきます。

※調査対象: チーターデジタル株式会社 / 株式会社ビジネス・フォーラム事務局共催「Marketing Forward 2019 SPRING ~ビジネスを成功へと導くデジタルコミュニケーション~」に参加されたBtoCマーケター
有効回答数:202
調査日:2019年3月14日(木)

扇谷 洋平
チーターデジタル ジャパンのコンテンツ戦略、デジタルマーケティングのマネージャーを兼任。さまざまな角度からマーケティングに携わっています。
扇谷 洋平

※本記事の内容は公開当時のものであり、現在と内容が異なる場合があります。

2018 Q4 EMAIL & MOBILE BENCHMARK REPORT
新着のコラム

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください

お電話でもお気軽にお問い合わせください
0120-60-9920
受付時間 9:00~18:00(平日)
メールでの資料請求・お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム

おすすめ事例

開封エンゲージメント

株式会社アマナ様
マルチデバイス時代のメールマーケティングコミュニケーション最適化への取り組み

クリエイティブサービス

ザ・プロアクティブカンパニー株式会社様
CV率2 .2倍。スマートフォンユーザーに伝えたいメッセージをダイレクトに訴求するレスポンシブメール。

CCMP

American Eagle Outfitters様
2週間で800万人以上にリーチ!ホリデーシーズンを通じて効果的なクロスチャネルマーケティングを実践。

開封エンゲージメント

ピーチ・ジョン様
メールが読まれている時間を計測して気づいた スマートフォンへの最適化でコンバージョンUP!

レコメンドconnector

イチオク様
クラウド環境で利用可能なレコメンドconnectorの導入により、短期間でレコメンドメールの開始が可能に。クリック率7倍、CV率5倍、開封率3倍を1ヶ月で実現!