マーケティングコラム

2019年03月06日

2018年Q3メール・モバイルの業界ベンチーマークが、あなたを成功へと導くコンパスになる

2018年Q3メール・モバイルの業界ベンチーマークが、あなたを成功へと導くコンパスになる

多くの小売業マーケターは、10~12月に照準を合わせて、メールをはじめとするマーケティングコミュニケーションからの売上増加を狙っていることでしょう。そのようなマーケターは、7~9月(以下Q3)をホリデーシーズン前のつなぎ期間として捉え、その結果にはそれほど興味を抱かないかもしれません。しかし、Q3の結果には、今後の活動のヒントになる重要な示唆が含まれています。

私たちは先週、調査に同意いただいたアメリカ、カナダのチーターデジタルクライアントのメール・モバイルトレンドを四半期ごとに振り返る「Email & Mobile Benchmark Report」の2018年Q3版を公開しました。このレポートは他ブランドのパフォーマンスと比較することで、貴社のメールマーケティングを正しい方向に導くヒントになる資料です。

来期に向けて考えを巡らせるこの時期、一歩立ち止まって過去を振り返ってみましょう。

“まず始めにQ3の結果で特筆すべき点は、2017年の同時期と比較すると5%メール配信ボリュームが増加したことです。これは、出版社とエンタメ企業を含むメディア業界において、23%を超える大幅な増加によりもたらされた結果です。” (詳細はレポートでご確認いただけます。

前年に比べてメール配信ボリュームが増加

先述したように、2018年Q3では前年の同時期に比べ5%メール配信ボリュームの増加がみられました。これはメディア業界において23%を超える大幅な配信ボリューム増加の影響です。その他の業種では5%以内の増減に収まりました。

サービス、トラベル業界では、メール配信ボリュームが減少しました。この結果は、休眠顧客むけのリアクティブ施策が多く行われたためです。リアクティブ施策は、反応が見込めないアドレスを見つけ出し、配信リストの精度を高めます。これにより全体的なエンゲージメントは向上しますが、除外したアドレスの分だけ配信ボリュームも減少することになるのです。

開封数、クリック数、および受注額に関する指標

開封数、クリック数、および受注額に関する指標グラフ

開封率はトータル、ユニークともに、前年比約+1%です。全体でみたときのメール配信ボリュームが前年比+5%であったことを考えると、開封率前年比+1%は大きな向上といえるでしょう。

“開封率よりも顕著だったのが、クリック率の向上です。トータルクリック率は前年比+20.4%の3.8%でした。そして、より重要なユニーククリック率については、前年比+7.4%の2.3%という結果になりました。”(詳細はレポートでご確認いただけます。

これらは非常に重要な数値です。今年のQ3におけるメール1通あたりの受注額(総受注額を配信メール数で割った数値)を前年の同時期と比較すると0.05ドルから0.06ドルに増加しています。メール1通あたりの受注額は2018年Q1~Q3において6セントで安定しているため、実数としてはそれほど重要ではありません。ここで考慮すべきもうひとつのことは、前年と比較して増加した1セントが、あなたが配信したメールすべてで発生したとすると、どれほどの大幅な増収につながるかということです。

Email & Mobile Benchmark Reportの変更点

BtoCマーケターにとってより見やすいレポートになるように、Q3のレポートから業種カテゴリを変更しました。本レポートで使用している過去の指標についても、この新しいカテゴリで算出しています。以下が改訂されたカテゴリです。

金融:銀行業務、貸付、クレジットカードサービス、およびその他の金融関連事業
メディア:出版・エンタテインメント事業
小売:(物理的な所在地の有無にかかわらず)小売業
サービス:保険、電話会社、および主にサービスを重視する企業
トラベル:ホテル、航空会社、クルーズライン、旅行代理店、レンタカー
すべて:これには上記の業種に加えて、これらのカテゴリに該当しないいくつかのブランドも含みます。

これを読んでいるあなたは、すぐに「2018 Q3 Email & Mobile Benchmark Report」をダウンロードしてください。 このレポートが来期のマーケティングという長い航海を成功へと導くコンパスになるでしょう。

Jeffrey L. Cohen
Cheetah Digitalのコンテンツ戦略ディレクター。ブランド成長に寄与するコンテンツを多数制作。マーケティングキャリアは25年以上にわたり、マーケティング担当者、ストラテジスト、The B2B Social Media Bookの著作など、様々な角度からマーケティングに携わってきました
Jeffrey L. Cohen

※この記事はチーターデジタルグローバルサイトに掲載されている記事を翻訳したものです。
※本記事の内容は公開当時のものであり、現在と内容が異なる場合があります。

売の点と点をつなぐ:データ、メール、顧客体験、そしてそれらの無視できない関係

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください

お電話でもお気軽にお問い合わせください
0120-60-9920
受付時間 9:00~18:00(平日)
メールでの資料請求・お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム

おすすめ事例

開封エンゲージメント

株式会社アマナ様
マルチデバイス時代のメールマーケティングコミュニケーション最適化への取り組み

クリエイティブサービス

ザ・プロアクティブカンパニー株式会社様
CV率2 .2倍。スマートフォンユーザーに伝えたいメッセージをダイレクトに訴求するレスポンシブメール。

CCMP

American Eagle Outfitters様
2週間で800万人以上にリーチ!ホリデーシーズンを通じて効果的なクロスチャネルマーケティングを実践。

開封エンゲージメント

ピーチ・ジョン様
メールが読まれている時間を計測して気づいた スマートフォンへの最適化でコンバージョンUP!

レコメンドconnector

イチオク様
クラウド環境で利用可能なレコメンドconnectorの導入により、短期間でレコメンドメールの開始が可能に。クリック率7倍、CV率5倍、開封率3倍を1ヶ月で実現!