マーケティングコラム

2018年11月19日

マーケティングに寄与するファースト、セカンド、サードパーティデータの特徴

マーケティングに寄与するファーストデータ、セカンドデータ、サードパーティデータの特徴

近年、あらゆる種類の膨大なデータをマーケティングで利用できる環境が整ってきています。それらデータの特徴を理解し、マーケティングの目的、対象、時期、場所、理由を明確にすることは、顧客のニーズを満たすコミュニケーションを実現し収益を上げるためには不可欠です。本コンテンツでは、ファーストパーティデータ、セカンドパーティデータ、サードパーティデータ、それぞれの特徴と用途をまとめました。データの活用方法を見直す参考資料としてご利用ください。

※本コンテンツはチーターデジタルグローバルコンテンツを翻訳したものです。

マーケティングに寄与するファーストデータ、セカンドデータ、サードパーティデータの特徴 ダウンロードボタン

メール&クロスチャネルユーザー動向調査2017

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください

お電話でもお気軽にお問い合わせください
0120-60-9920
受付時間 9:00~18:00(平日)
メールでの資料請求・お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム

おすすめ事例

開封エンゲージメント

株式会社アマナ様
マルチデバイス時代のメールマーケティングコミュニケーション最適化への取り組み

クリエイティブサービス

ザ・プロアクティブカンパニー株式会社様
CV率2 .2倍。スマートフォンユーザーに伝えたいメッセージをダイレクトに訴求するレスポンシブメール。

CCMP

American Eagle Outfitters様
2週間で800万人以上にリーチ!ホリデーシーズンを通じて効果的なクロスチャネルマーケティングを実践。

開封エンゲージメント

ピーチ・ジョン様
メールが読まれている時間を計測して気づいた スマートフォンへの最適化でコンバージョンUP!

レコメンドconnector

イチオク様
クラウド環境で利用可能なレコメンドconnectorの導入により、短期間でレコメンドメールの開始が可能に。クリック率7倍、CV率5倍、開封率3倍を1ヶ月で実現!