マーケティングコラム

2015年02月15日

メルマガに「動き」を付けるテクニック

今年、TwitterはDM機能を拡張し、Twitterアプリケーション内で30秒までのビデオを撮影、編集、投稿できるようになりました。また、YouTubeは動画の一部をGIFアニメーション化する機能を追加。作成したGIFアニメーションに文字を入力したり、FacebookなどのSNSに投稿して共有することも可能です。

GoogleのブラウザChromeは、昨年、1クリックで再生中のムービーをGIFアニメーション化できる拡張機能をリリース。IEやFirefoxなど他のブラウザや、パソコンのローカル上で再生したムービーもGIFアニメーション化できるのがポイントです。

スマホ普及にともない通信環境も整ってきた今、動画関連の話題をよく耳にします。だからと言っていきなり動画をメルマガに掲載しようとすると、コンテンツが無かったり、撮影テクニックが必要だったり何かとハードルが高いですよね。そこで今回は、手軽に「動き」を出す手法をご紹介します。

GIFアニメーションを使ったメルマガの例

GIFアニメ メール
GIFアニメ メール
GIFアニメ メール

一般的な方法としては、冒頭でもご紹介した、GIFアニメーション。ひとつのファイルの中に複数のGIF画像を保存しておき、パラパラ漫画のように見せる手法です。

たとえば新車発表などで、車を正面からだけでなく後ろ姿や横からのアングル、内装やトランクルームなどをスマートに見せることが可能です。ファイルサイズが小さく、プラグインのインストールも不要で、手軽に動画風に見せることができるため、バナー広告などで広く使われてきました。ただし、ファイル形式の都合上、音声を扱うことができない点や、尺の長い複雑なものには向かないというデメリットもあり、Flash人気とともに、主役の座はFlashに移ります。

GIFアニメーションが昨今見直されている背景には、iPhoneやiPadがFlashをサポートしてないという事情があります。またスマホやタブレットが普及するにつれ、待ち時間や電車の中で完結する数秒~1分程度の短くて軽いコンテンツのニーズが増えてきたことも考えられます。

モバイルにおいては、フィーチャーフォン用のデコメ(デコレーションメール、デコレメールなど)がお馴染みですね。HTMLメールのように文字色や背景色を付けたり、文字をテロップのように流すMARQUEEという機能や、GIFアニメーションにも対応しています。

イベント告知や、新商品・サービスの発表など、いつもと違う印象のメルマガを作りたい、インパクトのあるメルマガを送りたい。そんな時は、メルマガに「動き」を付けてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください

クリエイティブサービス

ザ・プロアクティブカンパニー株式会社様
CV率2 .2倍。スマートフォンユーザーに伝えたいメッセージをダイレクトに訴求するレスポンシブメール。

MailPublisher Smart

システムサポート様
API連携で MailPublisher を組み込み、 顧客ニーズに合わせたトータルソリューションの構築に成功

MailPublisher Smart

翔泳社様
精度の高いエラー解析で発掘された3,000件のメールアドレスを活かして媒体価値を向上

クリエイティブサービス

AIU 保険会社 日本支社様
フォローメールのリニューアルにより、未払い率が約30%減少

コンサルティングサービス

富士通様
綿密な分析を基にKPI を設定し、クリエイティブを最適化