マーケティングコラム

2014年11月06日

読まずに捨てる人が●割?捨てられないメルマガ件名の付け方

ある調査会社によると、約7割の人が「件名に興味を持ったときだけメルマガに目を通す」ことが分かっています。
メルマガの目的はサイト誘導やコンバージョンなど様々ですが、そもそも開封されなければ意味がありません。
そこで今回は、まず開封率を上げるための件名の付け方についてご紹介します。
もちろん、件名以外にも検証すべき点はありますが、それはまた別の機会にお話します。

件名の要素を固める

まず次の例を見てください。どちらが「続きを見たい」と思いますか?

A)最大80%OFFの限定セール!チーターデジタルコーヒーも特価で!
B)セール情報のお知らせ

Bは何がどれだけ安いのかが分かりませんが、Aは商品名や割引率を示しているので、ユーザーが具体的にどのようなセールなのかイメージしやすいですね。ただし入れる要素は何でも良いわけではありません。
ターゲット層に合わせてバリエーションを持たせることが大切です。代表的な例としては「今話題の○○」といった流行型や、「○○がたったの1000円」のような価格訴求型、「3日間限定」などの期間限定型、または「人気モデル○○さん愛用」といったブランド訴求型、「これで肩こりとサヨナラ」のような問題解決型などです。
また、メールボックスの中で埋もれない工夫も必要です。例えば冒頭に【本日発売!】や◆重要◆など記号を適宜入れて目立たせる方法も有効です。

必ず表示確認を

件名に入れる要素が決まったらデバイスに合わせて文字数を調整します。
パソコンで見る場合と、スマホやフィーチャーフォンで見る場合とでは、適切な文字数は違いますので、一番多くみられているデバイスを想定し、調整することが大切です。
実際に各デバイスでテスト配信を行い、件名が途中で切れていないか、文字化けしていないかなどを確認します。デバイスによって見え方がどれだけ違ってくるかは、サンプル画像を参照ください。

捨てられないメルマガ件名の付け方

終わりに

チーターデジタルでは、件名を含めたクリエイティブ制作はもちろん、配信代行、レポーティングまでメールマーケティングをトータルでサポートしています。ぜひお問い合わせください。

オススメのコラム

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください

クリエイティブサービス

ザ・プロアクティブカンパニー株式会社様
CV率2 .2倍。スマートフォンユーザーに伝えたいメッセージをダイレクトに訴求するレスポンシブメール。

MailPublisher Smart

システムサポート様
API連携で MailPublisher を組み込み、 顧客ニーズに合わせたトータルソリューションの構築に成功

MailPublisher Smart

翔泳社様
精度の高いエラー解析で発掘された3,000件のメールアドレスを活かして媒体価値を向上

クリエイティブサービス

AIU 保険会社 日本支社様
フォローメールのリニューアルにより、未払い率が約30%減少

コンサルティングサービス

富士通様
綿密な分析を基にKPI を設定し、クリエイティブを最適化