マーケティングコラム

2013年08月06日

メールマーケティング支援資料「メール配信に潜む損害リスク」

メールマーケティング支援資料「メール配信に潜む損害リスク」

企業における顧客への情報発信手段として最も利用されているメール配信は、アピールしたいと思う情報を、低コストでありながら自由なタイミングで送信することができ、効果も出やすいため、多くの企業が有効的なツールとして捉えています。しかしながら、利用方法を誤ると誤配信による個人情報漏洩が発生したり、自社のメールがスパムメール判定をうけたり、予期せぬ障害が発生することもあり得ます。この資料では、そのような配信時に起こりうるリスクをまとめた後、上記のような事態を防ぐために認識すべき点、そしてその具体的な検証方法までを紹介します。

メールマーケティング支援資料「メール配信に潜む損害リスク」

現在こちらの資料は準備中です。
資料をご希望の方はこちらよりお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください

開封エンゲージメント

株式会社アマナ様
マルチデバイス時代のメールマーケティングコミュニケーション最適化への取り組み

クリエイティブサービス

ザ・プロアクティブカンパニー株式会社様
CV率2 .2倍。スマートフォンユーザーに伝えたいメッセージをダイレクトに訴求するレスポンシブメール。

CCMP

American Eagle Outfitters様
2週間で800万人以上にリーチ!ホリデーシーズンを通じて効果的なクロスチャネルマーケティングを実践。

開封エンゲージメント

ピーチ・ジョン様
メールが読まれている時間を計測して気づいた スマートフォンへの最適化でコンバージョンUP!

レコメンドconnector

イチオク様
クラウド環境で利用可能なレコメンドconnectorの導入により、短期間でレコメンドメールの開始が可能に。クリック率7倍、CV率5倍、開封率3倍を1ヶ月で実現!