マーケティングコラム

2011年07月28日

Vol.01 メルマガって何?

メルマガについて、改めてゼロから考えていきましょう。

メルマガとは「メールマガジン」の略称です。
ちなみに欧米ではメールマガジンとは言わず、「Email newsletter」(Eメールニュースレター)と呼ぶのが一般的のようです。
メールマガジンは呼んで字の如く、Emailによって配信される情報媒体のことを指します。主に企業や団体がプロモーションツールとして活用し、自社のサイトや店頭のポスターなどで購読者を集め、登録をした人に定期的にEmailを使って情報発信を行います。あるいは自治体などが住民へのお知らせ情報や緊急災害情報などを配信することもあります。
このように、メルマガの内容は送り手によって千差万別で、発信側が知らせたい情報を、任意で配信できるのが特徴です。配信する時間やタイミングなども自由に選択することができます。

メルマガが普及したのは、いまから10年程前のこと。ちょうど日本でITバブルが起こった1999年頃に一般的に広まるようになりました。
それ以降メルマガは、IT技術の変革とともに、様々な進化を遂げていきます。最初はPC向けテキストメールだけだったのが、iモードの普及とともに携帯向けメルマガが始まり、さらにHTMLメール、デコメールを使ったメルマガなど、技術が発達したことで表現方法の幅が格段に広がりました。発信側が、自由なデザイン、自由なレイアウト、自由な発想で、知らせたい情報を自由なタイミングで配信できるのが、現在のメルマガの形です。

また最近では、配信の手法においても進化が見られます。
例えば、購読者の誕生日が来ると、ハッピーバースデイメールを自動で配信するような「イベントメール」や、商品をECサイトで購入すると自動で配信される購入完了メールといった「トランザクショナルメール」、レコメンド技術というものを応用した、購読者一人一人におすすめの情報を配信できる「レコメンドメール」、あるいはツイッターやFacebookといったSNSと連動させる試みなど、ITの技術の進化を吸収しながら、その用途を拡大しています。

そういった意味で、メルマガは、単なる情報媒体から、“マーケティング”という色合いが強いツールとして発展してきました。「メールマーケティング」という言葉が生まれたのも、そういった進化の過程があったからでしょう。

(吉澤 和之)

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください

開封エンゲージメント

株式会社アマナ様
マルチデバイス時代のメールマーケティングコミュニケーション最適化への取り組み

クリエイティブサービス

ザ・プロアクティブカンパニー株式会社様
CV率2 .2倍。スマートフォンユーザーに伝えたいメッセージをダイレクトに訴求するレスポンシブメール。

CCMP

American Eagle Outfitters様
2週間で800万人以上にリーチ!ホリデーシーズンを通じて効果的なクロスチャネルマーケティングを実践。

開封エンゲージメント

ピーチ・ジョン様
メールが読まれている時間を計測して気づいた スマートフォンへの最適化でコンバージョンUP!

レコメンドconnector

イチオク様
クラウド環境で利用可能なレコメンドconnectorの導入により、短期間でレコメンドメールの開始が可能に。クリック率7倍、CV率5倍、開封率3倍を1ヶ月で実現!