CCMPの特長

LINE・SMS・メールなど、クロスチャネルでのコミュニケーションシナリオの実行を前提としたシステム設計で、現場担当者が使いこなせる一貫した操作性と優れた機能性が特長です。システムの導入から運用の自走に至るまで専任チームが支援します。

クロスチャネルでのシナリオ実行がワンプラットフォームで完結

CCMPはクロスチャネルでのマーケティングを想定して開発されました。そのため、メール配信システムをベースにチャネルや機能を後付けして開発されたマーケティングオートメーションと違い、異なるチャネルであっても同じプラットフォーム内、同じUI・操作性で利用できます。また、メールで使った画像をLINEでも使用するなど、コンテンツの共用も可能です。メールはもちろん、LINEやSMSなどコンシューマーとのコミュニケーションに欠かせないチャネルに対応しています。

CCMP

CCMPはクロスチャネルでのシナリオ実行に必要な機能をワンプラットフォームに内包

CCMPイメージ

一般的なマーケティングオートメーション

一般的なBtoC向けマーケティングオートメーションは、連携を前提とする「ツール群」

一般的なMAイメージ

セグメント配信も一斉配信も難なくこなす配信性能

CCMPはマーケティングオートメーションとして日本初の配信性能を保証するSLA※を標準装備しています。長年にわたってメール配信システムの開発・提供で培ったノウハウや技術を生かし、一般的なマーケティングオートメーションでは敬遠されがちな一斉大量配信にも耐えうるシステムを提供を可能にしました。もちろんキャンペーンシナリオに沿った細かなセグメントに対する配信もタイミングを逃さず実行できます。

CCMP

配信性能SLAを標準装備。シナリオ配信だけではなく、大規模な一斉配信にもワンプラットフォームで対応可能

CCMP配信イメージ

一般的なマーケティングオートメーション

シナリオ配信はマーケティングオートメーションツール、一斉配信はメール配信ツールと併用しているケースもまだまだ多い

一般的なMAの配信イメージ

※SLA:Service Level Agreementの略。サービス提供事業者とその利用者の間で結ばれるサービスのレベル(定義、範囲、内容、達成目標など)に関する合意事項です。

導入から運用の自走まで専任チームによる手厚いサポート体制

マーケティングオートメーションは機能や性能ももちろん重要ですが、実際に導入し運用の自走に至ってこそ生かせるものです。CCMPは、スムーズな導入と運用の自走を支援すべく、初期設計はもちろん、クリエイティブ制作、効果検証、コンサルティングなど要件に合わせた専任チームでサポートします。

CCMP

プロジェクトマネジメント
マーケティングアーキテクト
データベースアーキテクト
コンサルティング
クリエイティブ
運用サポート

導入ハードルを限りなく低く、効果は高く

CCMPでは、複数のMA導入実績に裏付けられた効果的で最適なテッパンのデータベース設計とシナリオ設定をテンプレート化し、短期間で本格的なMAの実装を可能にしたシナリオテンプレートサービスもご用意しています。

鉄板のシナリオをテンプレート化
シナリオ・データベース設計不要
導入期間を1/4程度に短縮

シナリオテンプレートサービスについてはこちら