活用シーン

CCMPは、BtoC企業のマーケティングにおいてさまざまなシーンで活用できます。現状施策の効果向上や、運用の効率化、顧客とのつながりを強化したい、まずはマーケティングオートメーションを使ってみたいなど、目的に合わせた導入支援のご相談も承ります。

現状施策の効果をアップさせたい

課題
顧客反応率が悪い

同一のコンテンツを、同じタイミング、同じチャネルで同じ対象に一斉配信している。

顧客反応率が悪い
対策
コンテンツとタイミングのパーソナライズ

顧客のセグメントごとにコンテンツを用意し、顧客の行動をトリガーに自動配信する。

コンテンツとタイミングのパーソナライズ

運用を効率化させたい

課題
関連部署への依頼など作業効率が悪い

都度、配信対象の抽出や配信設定などを他部署へ依頼しなければ配信できず、手間や時間が必要以上にかかってしまう。

関連部署への依頼など作業効率が悪い
対策
現場担当者がワンプラットフォームで作業

配信対象の抽出や配信設定など、配信にまつわる作業をCCMPを用いて担当者自身が実施。さらに、配信シナリオを自動実行させて大幅に効率を改善。

現場担当者がワンプラットフォームで作業

顧客との繋がりを強化したい

課題
退会や解約が多い

売上げ責任を持つ部署が、それぞれの主幹でプロモーションを実施しているため、内容の重複が発生したり、適正頻度を超えたアプローチをしてしまっている。

退会や解約が多い
対策
フリークエンシーコントロールを実施

全てのプロモーションを1つのプラットフォームから実施することで重複を防止。そしてそれらを顧客の行動基点にすることで、顧客毎の適正頻度に合わせたアプローチを実現。

フリークエンシーコントロールを実施

まずはマーケティングオートメーションを導入したい

課題
何から始めてよいか分からない

目的の設計をする前にツール導入のみ決定してしまっているため、ROIを求められているがそのコミットの方法が分からない。

何から始めてよいか分からない
対策
テッパンのシナリオ設計を使ってみる

テッパンのデータ設計とシナリオ設定がテンプレート化されたCCMPのシナリオテンプレートサービスなら、手軽な導入が可能。

何テッパンのシナリオ設計を使ってみる