BtoC向けマーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションと一口に言っても、BtoC向けとBtoB向けでは必要とする機能や特長に違いがあるのをご存じですか?

BtoC向けとBtoB向けマーケティングオートメーションの違い

BtoC向けのマーケティングオートメーションでは、さまざまなデータをもとにセグメントされた既存顧客に対して、最適なタイミングで最適なコミュニケーションを実現できることが重要です。そのため、BtoB向けのものに比べると、扱うデータ量も多く、特にクロスチャネルでのキャンペーンシナリオ実行機能を備えている必要があります。

BtoC向けマーケティングオートメーション

既存顧客に対するクロスチャネルでのキャンペーンを自動化することで、エンゲージメントの醸成を効率化

BtoC向けマーケティングオートメーション イメージ

BtoB向けマーケティングオートメーション

見込み顧客に対する評価・育成・管理を自動化することで、有望なリードを営業に効率的に渡す

BtoB向けマーケティングオートメーション イメージ

CCMPについて

CCMPは、BtoC企業がクロスチャネルでのキャンペーンシナリオを自動化し、顧客とのエンゲージメントの醸成を効率化するために必要な機能をワンプラットフォームに内包しています。クロスチャネルでのコミュニケーションを前提に設計されているので、メールはもちろん、LINEやSMSなどコンシューマーとのコミュニケーションに欠かせないチャネルに対応、一環した操作性も特長です。

ワンプラットフォーム
高い配信性能
手厚いサポート